製品・サービス紹介

印刷業ソリューション

HOME > 製品・サービス紹介 > 印刷業ソリューション「ひだりうちわ」とは?

印刷業総合管理システム 「ひだりうちわ」とは?

1997年(平成9年)に発売を開始した「ひだりうちわ」は、日本全国300事業所以上の導入実績を誇る、受注~計画~生産~出荷までマネジメントできる印刷業総合管理システムです。

 時代に合わせたビジネスが求められる今、印刷業の成長を支えるのは作業の効率化を図りながら細部までトータルに管理するシステムです。印刷業総合管理システム「ひだりうちわ」は、20年の実績と妥協を許さないシステム開発、豊富なノウハウときめの細かいお客様ニーズの搭載で、業務の効率化と経営力アップをサポートします。
充実した見積管理、きめの細かい工程管理、徹底した原価管理で、即戦力のビジネスパートナーとして、印刷業経営を全面的に支えます。

業界トップの導入実績!ひだりうちわで実現できる印刷業革命

■「トータルシステム」だからできる、企業ソリューション

いくつもの煩雑な過程を経て完了する印刷業務だからこそ、最初から最後までをきめ細かく丸ごと管理するトータルシステムが力を発揮、ビジネスに速さと利益をもたらします。また「ひだりうちわ」はパッケージソフトなので段階を踏んだシステムの導入、自由な組み合わせの導入も可能です。印刷業の全てを徹底研究、各業務システムもハイレベルな機能を満載、導入したところから満足が広がります。

■きめの細かい原価管理システムが実現した、印刷業の利益追求

それまで案外雑だった印刷業の原価管理。しかし、今の日本経済や社会情勢を見れば、どの企業も徹底した利益確保が急務なのは明らかです。純利益の追求は的確な原価管理から始まります。「ひだりうちわ」は標準原価・実質原価の両方を算出し、標準原価ではユーザーに合わせた社内標準原価も設定できます。印刷業独特の、お客様ごとの原価の扱い方も充分考慮に入れきめ細かく原価を管理、徹底的に利益を追求します。

■バーコードやGUIを利用した、煩雑な業務の一掃

印刷業で必ず問題となるのが不明確な見積や作業指示、在庫や紙などの無駄、管理できない進捗状況など。「ひだりうちわ」では印刷業独特の不確定要素を最小限にできるよう様々な機能を搭載しています。標準化した見積機能をはじめ、物件の動きもバーコードでリアルタイムに把握、さらに工程や印刷機の負荷もGUIで表示し誰もが一目で状況の把握が可能です。
印刷業のネックだった部分を解消し、先の見通せる運営を実現します。

「ひだりうちわ」が目指すのは時代に負けない印刷業ビジネスの創造

オンデマンド対応(原価管理)

 ●従来システムで好評だった実質原価法は継承、加えて新たにオンデマンドに対応する標準原価の設定を取り入れました。

ミス、ロス防止(作業指示管理)

 ●見積システムからのデータ展開で作業指示書を作成、作業指示は一般から端物までをカバーします。
  ここでは標準原価の設定を行うことにより利益を確認することもできます。
 ●指示書を現場に送出することにより、作業ミス、手配ミスをなくし生産ロスをなくします。

GUIで一目瞭然(工程管理)

 ●イレギュラーで発生する工程管理に日々対応できるよう、日程計画はカレンダー機能で簡単に組むことができ、
  工程別・号機別に負荷の自動計算も行えます。
 ●熟練度を問わないビジュアル的ビュー(GUI)なので、誰にでもわかりやすく簡単に使えます。

気配り機能(製品資材在庫管理)

 ●お客様ごとの在庫管理と預かり品の管理が行えます。倉庫別・棚版別などの詳細保管が可能です。
 ●資材(用紙など)の分類(企画・銘柄・連量)別管理が行えます。

パワーアップ(見積管理)

 ●営業にとって作業頻度の高い見積を自動計算、面倒な見積作業をシステム化します。
 ●算出方法は概算見積と正式見積の二つ。見積管理システムは作業指示管理システムと連携し、そのまま作業指示時の作業明細となります。
 ●価格表を参照しながら手書き積算で起こる積算ミスや漏れなどを解消。スピーディーかつ正確なアプローチを実現します。

イージー&スピーディ(バーコードシステム)

 ●工程推移、原価データをリアルタイムに収集できます。バーコードを利用することで、簡単に正確な情報収集が可能です。

ハイクオリティ(生産管理)

 ●一連の流れの中、作業指示を前工程・後工程に分けてきめ細かく行うことができます。
 ●受注情報を元に制作指図書・出校依頼書・印刷・加工指図書・製本指図書などを発行、管理します。
 ●作業指示の明確化・統一化で要員ごとの指図相違も解消でき、品質の向上・安定化が図れ、ISO取得への取り組みも応援します。

先手必勝(モバイルシステム)

 ●クライアントへ訪問し概算見積をその場で提示できます。
 ●外出先でも物件ごとの進捗内容がすぐに確認できます。
 ●営業活動に必要な情報をすぐに入手することが可能です。